作業療法(OT)とは?


 作業療法(OT)をご存知でしょうか?
 作業療法とは様々な活動やレクリエーション等を通じて「より良い生活や、自立した生活を送る方法を習得する」ために行うリハビリテーションをいいます。英語では、Occupational Therapyの略で「OT」と呼ばれています。
 当院では常勤の作業療法士(OTR)3名の職員が、皆様のリハビリテーションのお手伝いをさせていただきます。

作業療法(OT)の内容と目的


 南八街病院の作業療法では、「レクリエーション、散歩やスポーツ、健康作り、カラオケ、映画鑑賞、書道、絵画、季節ごとの全体レク」などが行われています。これら活動を通じて心身の安定を図り、生活のリズム、病気やストレスと上手に付き合う、ストレス発散、気分転換、人づきあいの改善・回復や、基本的な日常生活などを目的として実施します。
 「少し元気が出てきたので、起きて何かしてみよう」「楽しい時間や充実した気持ちを感じてみたい」「リラックスして、病気やストレスとうまく付き合えるようになりたい」「人づきあいがうまくできるといいな」「社会生活で役に立つことを学びたいな」・・・。このようにお考えの方は、ぜひお気軽にご参加ください。

ふれあいOT

OT絵画教室

作業療法(OT)のプログラム

H29年4月現在  AM:9:30〜11:30   PM:13:30〜15:30   黒字:病棟食堂にて実施

 
木   金

AM

1F     健康アップ
(音楽鑑賞)
(スポーツ)   
2F 音楽鑑賞       健康アップ
3F   健康アップ

音楽鑑賞
(スポーツ) 
 

PM

1F カラオケ ・書道教室
(月2〜3回:OT室
 ・絵画 
(月2回:書道室・OT室
・書道 
  映画鑑賞

ふれあい
OT 
OT室) 

2F   映画鑑賞 カラオケ
3F 映画鑑賞 カラオケ